乱読派の読書メモ

本好きの本好きによる本好きのための読書記録

「暴れん坊本屋さん」久世番子

暴れん坊本屋さん(1) (ウンポコ・コミックス)

 

次に紹介したい最近読んだ本をどこで知ったのか思い出していて、コレだったので先に紹介しておくことにしよう。

 

いわゆるエッセイ漫画の類はいまどき本当にたくさんあるが、なかでも大好きな本作。

うん、「本」作なんだ。

 

漫画家で飯を食うことを志しつつ本屋での仕事に精を出していた作者のエッセイ漫画。

もういまどきは本屋さん自体が姿を消しつつあるが、幼少期から本屋さんが大好きだったわたしくらいの世代にとっては憧れとノスタルジーが山ほど詰め込まれている。

 

けして多くないお小遣いでどの本を買おうかそれこそ何時間も本棚の前をウロウロしていた少女時代も手伝って、読むたびになんとも幸せな気持ちにさせられる。

いやそんなしんみりした話じゃ全然ないんだけどね、全編ふざけまくってるし、おもしろおかしく業界あるあるを描いてるし。

でも、本への愛はものすごく伝わってきて、たったその一点だけでものすごい共感するし、なんか読んでて幸せ。

 

結局本作が売れて作者は本屋さんでのお仕事は辞めてしまったようだが(本作の後半時点なので現在は知る由もないが)、本屋さんで仕事をしながら漫画を描いてそれが売れていくという、まるで漫画のようなシンデレラストーリー漫画(←?)でもある。

 

作中にも出てくる「パブリシティ」で紹介されたので多くの方はすでにご存じと思うが、本好きで未読の方にはぜひ読んでいただきたい。

オタク全開の作者なので正直好みは分かれるだろうが(わたしは大好き)、本が人を幸せにしてくれる空気感は間違いなく伝わるだろう。

 

読み返すときはいつも番外編の「番線」まででワンセット。

 

 

この先も何度も読み返すだろうなと思える、大好きな漫画です。

 

暴れん坊本屋さん(2) (ウンポコ・コミックス)暴れん坊本屋さん(3) (ウンポコ・コミックス)