乱読派の読書メモ

本好きの本好きによる本好きのための読書記録

「見知らぬあなた」リンダ・ハワード

◆見知らぬあなたとそんなこと!? 短編オムニバス作品、全4編収録。 そしてロマンティック…いやオトナ要素が強い。印象としてはほぼオトナ向け本です。 ハーレクインとか読んだことないけどこんな感じなのでしょうか。 主人公の女性は若く魅力的で、意外過…

「三国志」吉川英治

◆「なぜこんなに面白いのか?読めばわかる」 これは横山光輝氏の漫画版のほうに載っていたアオリ文。吉川英治氏の作品を原作として描かれた全50巻。肝心の吉川氏の三国志は、文庫版で全8巻でした。 三国志自体はほんとうに数多く描かれていて、各作者の推測…

「奇岩城」モーリス・ルブラン

◆世界のヒーロー、アルセーヌ・ルパン ルパンの冒険シリーズ第三弾の奇岩城を読みました。 モーリス・ルブラン作で、今回読んだのは堀口大學氏訳によるもの。 ルパンとの出会いは小学生時代に図書室で。 上に子供向け仕様の画像を載せましたが、そうそうこの…

「何者」朝井リョウ

これはねー。なんつーか、「やられた!」って思った本。 「桐島、部活やめるってよ」で一躍有名になった人、って程度の認識だったから、正直これを手に取った時も結構逡巡したんだよ。 就活の話らしいし、さわやかな青春ものってのもどうもなあ。 とはいえ食…

「迷路」キャサリン・コールター

◆鉄板のおもしろ要素「FBI」 キャサリン・コールター著の「迷路」。FBIを舞台にした長編ラブサスペンスです。 ラブサスペンスってカテゴリの呼び方もどうかと思いますが、なかなかじょうずな呼び名が思いつきません。 活発で行動的な主人公と、序盤で出てく…

「舟を編む」三浦しをん

◆第9回(2012年)本屋大賞受賞 もう読み終わってからだいぶ経つんですが、書こう書こうと思ってるうちに今に至ってしまいました。 だいぶ話題になっていたので一度は読みたかった三浦しをんさんの「舟を編む」です。 おもしろかったです。 想像以上にライト…

「砂の女」安倍公房

友人に勧められてはじめて手に取った安倍公房という作家の本。 エグいというかグロいよ、とは貸してくれた方の談。 なるほど、エグい。 昆虫採集に出かけた変哲もない男が、砂の中でもがいて暮らす人々が生きる土地へ迷い込んで、その蟻地獄にまんまと捉えら…

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

◆第5回(2008年) 本屋大賞受賞 本屋大賞受賞作、伊坂幸太郎著。 実にすばらしかった。手放しで絶賛です。プロの作家はすごいですね! その筆にはお金を払ってもいいと思わせるだけのたしかな技術力があります。 わけてもこの「ゴールデンスランバー」は荒唐…

「リアル鬼ごっこ」山田悠介

筆が悪い。序盤の展開もものすごい無理やり。読み進めるのキツイかなーって思えるレベル。 だったのだけど、設定は面白く先がどうなるのか気にはなるので、思ったよりはスラスラ読めた。 途中ハラハラするシーンも多いのだけど、筆が追いついていない印象で…

「バンビーノ!」せきやてつじ

きょうは漫画をご紹介。最近読み返したので。 松本潤主演でドラマ化もされていた「バンビーノ!」全15巻。イタリアンに魅せられた青年が最前線の大繁盛店で働くお話です。 お料理がおいしそう、若者の成長するさまやそれをとりまく人間模様が面白く、流行る…